頭皮ケア 知恵袋

最近の毛髪研究では、

現代人は昔の人に比べて生活習慣やストレスから

『 頭皮が弱って 』 きていることが解ってきています。

 

当然、頭皮が弱るということは、

生えてくる髪の毛に元気がなくなります。

『 畑 』 と 『 作物 』 の関係のように

土壌が悪くなると作物の育ちは悪くなりますよね。

 

そのため数年前から頭皮改善のために

『 ヘッド・スパ 』 や 『 頭皮用商品 』 が

数多く出回っていますが、

頭皮の汚れを取るだけでは完全に良くはならないと思うんです。

アルコバレーノでは全ての薬剤施術において

『 ケア オイル 』 を使いながら施術・頭皮のケアを行っています。

 

いまオイルが色々な用途で流行っていますよね。

しかし、オイルといっても全てが頭皮・髪の毛に良い訳ではなく、

使い方も重要になってきます。

 

オイル自体は皮膚に対して浸透力が高く、

古い角質にもじっくり浸透していきます。

頭皮の角質層は顔に比べて

厚く古い角質が堆積しやすいため

除去するにあたっては界面活性剤を使うよりも

オイルが最適などではないかと思っています。

 

 

『 ヘッドスパを長時間を行った方が良いのではないか? 』

ヘッドスパを長時間するということは、

長時間お風呂に入っている皮膚のように

ふやけた柔らかい皮膚をゴシゴシと

あかすりするような感じになってしまうので

アトピーなどの症状や頭皮の弱い方には

負担をかけてしまいかねません。

万人向けとはいかないと思うんです。

 

また、元気な頭皮を育むのにはマスコミでも

『 皮脂を取り除く!! 』

『 毛母細胞に効く!! 』

ことが最良みたいになっていますが、

実は、毛根部にある

皮脂を出す 『 皮脂腺 』 が大事とされているんです。

 

毛が生えている所は、人間の大事な部分であり、

『 濃度の濃い皮脂 』 が出ます。

臭いも強く出ますよね。

それは女性ホルモンに関係していて、

頭毛の場合は髪の毛の 『 発育ホルモン 』 が出るためなのです。

 

界面活性剤を強化し

皮脂を除去するだけのシャンプーや

研磨剤を混ぜたようなネコソギ商材で

じっくり頭皮をヘッドスパするだけでは

頭皮ケア ⇒ 育毛まではフォローされていないような気がします。

酸化した皮脂は取り除くことは必要ですが、

頭皮を守る分の皮脂は残しておかないと

外部からの刺激から守られず、

油分を取り過ぎて頭皮が乾燥しすぎることで

『 発育ホルモン 』  も頭皮全体に

行きわたらないという事にもつながります。

 

頭皮を健康に保って

『  頭皮が健康な人 』 = 『 髪の毛が痛みにくい人 』  となれるように

中・長期的に健康な頭皮を育む

ご協力ができればと思っています。