答えは…

投稿日:

こんにちは アルコバレーノ戸塚 です。

 

 

  先日、問題を出していた

2013年の小学生の毛髪量 統計データの答えです。

 

 

 

25年~30年前には

小学生の85%が

10万本あったのですが

2013年の小学生の統計データでは

『 10万本 』ある小学生は

全体の何パーセントになったでしょうか?

という質問でした。

 

 

 

 

答えは!!

 

 

 

 

『 0% 』 です。 

 

 

 

 

なんと、今の子供達は

今までの美容学校などで習った教科書のデーター

をはるかに下回ってしまっているんです。

 

産婦人科の新生児室などを見ても

髪の毛『 ふさふさ 』 で黒髪の子は少なくなっていると思いませんか?

 

七五三などでアップする時も

特に3歳の子は、生え際や襟足の毛が短くて

アップもしずらくなってきているんですね。

 

今後も再生医療など進み

どんどん世の中は良薬を開発してくるとは思いますが、

根本的に髪の毛は大事にしていかないと

親世代以上に年齢( 加齢 )に比例して

毛髪自体が弱体化してくるのではないかと思います。

 

また美容師的には

綺麗な日本髪ができなくなるという

ちょっと文化的に寂しい部分もありますが、

これも時代なのかと思います。

 

 

 

 

 

-耳より情報!!

Copyright© 【 美容室アルコバレーノ 】 ヘアドネーション | 医療用ウィッグ | 福祉訪問美容 , 2019 All Rights Reserved.